スポンサーリンク

【AdSense】Sellers.json販売者情報の内容とは?ads.txtの進化版!?

Sellers.json IT

Google AdSenseのページのお知らせやメールに

Sellers.json

『Sellers.jsonに関するご対応のお願い』

というのを目にしたことがあるかと思います。

 

Sellers.jsonってなに?
簡単にいうと
広告主さん(購入者)にあなた(販売者)の情報を提示して
広告枠を買ってもらいやすくするっ!

というものです。

情報提示の内容、公開の方法を知りたい方は
どうぞ、最後まで御覧くださいませ。

sellers.jsonの公開方法

Sellers.jsonの公開方法はとても簡単です。

Google AdSenseのサイトを開き、
『アカウント』をクリックすると
『販売者情報の公開設定』という項目が出ますので、
『非機密』にチェックを入れるだけです。

Sellers.json

普通にブログ運営だけしているのであれば、
『ビジネスのドメイン』は何も記入しません。

個人または会社の公式サイトがある方だけです。
ブログサイトではありません。

sellers.jsonの公開内容

Sellers.jsonの情報公開の内容を見てみたいと思います。

Sellers.json

  1. seller_id
  2. is_confidential
  3. seller_type
  4. name
  5. domain

5つの項目があります。

1.seller_id

先程のSellers.jsonの公開方法でアクセスしたGoogle AdSenseのアカウント画面に出ました『サイト運営者ID』というところです。

『サイト運営者ID』というのは、今回の情報公開に限らず、誰でも見ることが出来ます。

ads.txtを設定していれば、
Ads.txt チェッカーこのサイトからURLを入力することで簡単に見ることが出来ます。

ads.txtってなに?
っていう方はこちらの記事も御覧ください。

【AdSense】BOMもutf-8も解決!ads.txtファイルの作成とアップロード方法
新たにソフトをダウンロードせずに画像多めでads.txtファイルの作成とアップロードの場所、BOMの削除方法、utf-8文字コードを認識させる方法をまとめてみました。

または、知りたいサイトで広告にカーソルをあわせた上で右クリック。
『ページのソースを表示』か、『検証』を選択してください。
その中に『pub-0000000000000000』というサイト運営者IDが書いてあります。

このようにサイト運営者IDはバレても重要ではありません。

2.is_confidential

機密(非公開)になっているか、非機密(公開)になっているかを表示します。
機密になっていれば、
のちの項目の『name』『domain』は公開されません。

3.seller_type

PUBLISHER(サイト運営者)
INTERMEDIARY(仲介)
BOTH(両方)

の3つに分類されます。

普通にブログ運営しているのであれば、
PUBLISHERになります。

4.name(重要)

情報公開で心配されている方の1番はココではないでしょうか。

Google AdSenseヘルプの説明では、

販売者名。これは、お支払いプロファイルの [名前と住所] セクション(個人アカウント)または [会社名と住所] セクション(ビジネス アカウント)に表示される名前です。

と、あります。

参照される項目に『住所』と書かれていますが、住所は提示されません。
[名前と住所] セクションの名前だけであって、
住所を提示するとは書かれていません。

このnameは、
Google AdSenseに登録した名前もしくは会社名になります。
個人情報ですが、これは一般では見ることは出来ません。

5.domain

Google AdSenseの収益化しているサイトドメインが記載されます。
複数サイトを持っている場合、すべてのサイトドメインが記載されます。

サイトURLとはまた違います。
このブログ・サイトでは、
『https://www.bero-deteru.com』ではなく、
『bero-deteru.com』になります。

まとめ

sellers.jsonとはads.txtにプラスαされた機能です。

販売者情報の公開設定を非機密にすることによって
sellers.jsonファイルに

  1. seller_id
  2. is_confidential
  3. seller_type
  4. name
  5. domain

が記載されます。

広告主は、あなたのsellers.jsonファイルを見ることによって信頼できるサイト(広告枠)だと確認することが出来ます。

Googleは、あくまで推奨であり強制しているわけではないのですが、
やはり広告主からみて、

『情報公開されている』サイトと
『情報公開されていない』サイト

どっちを優先的に選ぶでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました